このページのトップへ
ホーム » エクステリア・ガーデン・造園施工例 » エクステリア・ガーデン » 掛川市 S様邸 駐車場もお庭もきれいに変身!既存の外構をリフォームして有効面積を広くしました。

掛川市 S様邸 駐車場もお庭もきれいに変身!既存の外構をリフォームして有効面積を広くしました。

掛川市・S様邸の建て替えにともなう外構リフォーム工事をご紹介いたします。

レモンカラーの外壁が爽やかで明るい印象のS様邸。
今回は、既存の外構をリニューアルさせていただきました。


施工前の状況。
生垣はとてもきれいに刈り込まれるなど、外まわりはきちんとメンテナンスをされていましたが、洋風住宅の若々しく明るいイメージと比較して、外構はダークトーンでやや重たい印象です。
全体の統一感を持たせてより使いやすくるために、家の顔でもあるファサード部分をメインに作り直すことにしました。
既存のアイテムのうちお庭の樹木などの活かせるものは残し、門柱や壁などを解体処分していきます。


Before|After


既存の駐車スペースは縦列駐車で、奥の車の出庫の際は手前の車も動かさなければなりませんでした。
駐車場の有効面積を広くするため、既存の門壁まわりを解体し、新しく設けた門壁は庭側にセットバックさせて広げ、プラス1台の駐車スペースを確保。


Before|After


従来の縦列2台に加えて3台の駐車を可能にしました。
既設カーポートも撤去して片側指示の2台用カーポートを設置し、屋根下に車二台を収納します。


カーポートは三協アルミの2台並列用「ダブルフェース」。
開放感たっぷりの吊り下げ式の屋根は無駄のないきれいなデザインで、がっちりした基礎と柱で広い空間を作っています。カラーはデザイン同様、スタイリッシュで軽やかなアーバングレー。
屋根下サイズは2m以上あり、ワゴン車も駐車できます。
床は既存部分を撤去して土間コンクリートを打ち直し、拡張部分には車止めを設けました。


玄関へ向かうアプローチは多方向から門へ上がれる扇形の階段です。
蹴上げ部分はユニソン「ミルドブリック」。カラーは明るく、かつ落ち着いた印象で全体の雰囲気をまとめてくれるミルベージュです。平立てで使い、ナチュラルな素材の表情を最大限に見せています。

仕切りを兼ねた目隠しの塀には、10cm角の飾り窓を設けて圧迫感をなくし、おしゃれなアクセントに。
塀と門柱は建物とマッチさせた欧風の塗り壁のイメージにし、シコク「パレットHG」をコテムラの塗壁仕上げにしました。
表面には「スーパートップコート」で防汚処理を施し日々のメンテナンスを軽減、塗装を長持ちさせます。


表札は美濃クラフトの「リルLL-8」。斜体の文字とクラシカルなアイアンのブラックが、甘くなりがちな白いエクステリアをキリッと引き締めます。
壁に埋込んだポストは三協アルミ「STS-1N型」。スマートな縦型のデザインで、カーポートとコーディネートしたアーバングレーカラーです。 
インターホンは既存品を移設し、配線しなおしました。


道路側の擁壁上の生垣も同様に撤去し、目隠し効果の高い三協アルミ「シャトレナ1型」フェンスを取り付けました。カラーはアーバングレーでカーポート、ポストと同様にコーディネート。
フェンスの基礎にはユニソンの化粧ブロック「シルマ」を使いました。カラーはベージュにして、全体のイメージとそろえています。

生垣の緑の壁は美しく、景観的にも良いものですが、剪定や清掃などのお手入れは大変ですね。
フェンスに取り換えたことで、道路からの視線を遮りつつ、庭への風通しも良くなり、また広く使えるようになっています。

構造物の解体、撤去から始まるやや大がかりなリフォームですが、敷地はできるだけ有効に使いたいものですね。
暮らしやすく、かつ全体の統一感もとれた明るくおしゃれな外構になりました。



〜3DCADによるプレゼンテーションとビフォーアフター〜

ご提案をできるだけわかりやすくお伝えするために、
CGを駆使した図面を使用しております
(↓クリックで拡大します)
正面から(CADによるCGパース)
Before|After


CADによるCGパース・ビフォー&アフター 駐車場側から


Before|After


道路側から。
すべて、図面のとおりの仕上がりになりました!

▲お打合せ時にご来店いただければ、大きなモニターに3Dでイメージを投影し360°動かしながら詳細なお打合せをさせていただきます。




ホーム » エクステリア・ガーデン・造園施工例 » エクステリア・ガーデン » 掛川市 S様邸 駐車場もお庭もきれいに変身!既存の外構をリフォームして有効面積を広くしました。