このページのトップへ
ホーム » エクステリア・ガーデン・造園施工例 » エクステリア・ガーデン » 掛川市 K様邸 白壁の家に似合う天然芝の庭&優しいトーンのメンテナンスフリーのエクステリア

掛川市 K様邸 白壁の家に似合う天然芝の庭&優しいトーンのメンテナンスフリーのエクステリア

掛川市・K様邸の新築外構工事をご紹介いたします。

白い壁にアースカラーのタイルと瓦を合わせた、シンプルかつナチュラルな印象のK様邸。
そんな家と調和するようエクステリアもシンプルに、優しく淡い色合いでまとめました。


施工前の状況です。
敷地の開口部には縁石などの段差もなく、フラットで広い間口になっています。


Before|After


アプローチは、落ち着きのある淡いトーンの五色砂利を洗い出しに。
ポーチへ向かってゆるやかにカーブを描かせ、優しい雰囲気と奥行き感を出しました。
駐車場との境の目地にはアースカラーの天然石チップを入れ、ファサードにナチュラルなアクセントを加えています。


Before|After


縁石や段差のない開口部を有効に使うため、アプローチと土間コンクリートの駐車場をフラットに繋げ、車の出入りを楽にして広い駐車スペースを確保しています。
アプローチと隣地境界の間のスペースは砕石+防草シートで舗装して、メンテナンスフリーに。


駐車場は使い勝手の良い土間コンクリート舗装で、3台の駐車が可能。すべりにくい刷毛引きで仕上げました。
目地に使用したチップはTOYOの「クラッシュストーンV」。海外産の石英石をチップにしたもので、天然石ならではの色幅が魅力です。
ポーチの壁タイルに合わせ、色はアンバーをチョイスしました。


タイルデッキ前の庭は高麗芝を張り、株立ちのシラカシを植栽しました。常緑のシラカシが葉を茂らせれば、外からの視線と夏の強い日差しを遮ってくれます。
シラカシの足元のサークルと芝の見切りには、天然石のようなナチュラルな風合いの方形ブリック・ユニソン「ミルドブリックミニ」を使用。
タイルデッキに合わせたミルベージュをチョイスし、芝をかわいらしく縁取りました。


既存のタイルデッキには突然の雨よけに便利なテラス屋根、三協の「レボリュー」を取り付けました。
色はサッシに合わせたサンシルバーを、ポリカ屋根は周囲の光を通しつつ見下ろす視線をカットしてくれる「かすみ」をチョイス。
オプションの竿掛けを取り付けて、小さなお子さんの洗濯物もしっかりと日光浴させられます。


隣地側を背の高い間仕切りフェンスで遮蔽して、タイルデッキを憩いのスペースに。
フェンスは高耐久の木調樹脂フェンス、「Bウッドスタイル」です。
板の色はオフホワイトをベースにパステルブルーをアクセントに使って北欧テイストを庭にプラス。
板の間隔は2センチにとり、風を通しつつ視線を遮ります。


境界は普通ブロックを積んだ基礎にコストパフォーマンスの高いLIXILのメッシュフェンス「ハイグリッド」を取り付け、仕切りました。
色は建物のサッシやテラス屋根に近いシャイングレーをチョイス。 
塀と建物の基礎まわりには、高耐久性の防草シートを敷設した明るい白系の砕石を敷きました。
駐車場とアプローチが舗装され、建物と塀の周囲は防草シートと砂利敷きを組み合わせることで、庭以外の外回りはすべてメンテナンスフリーになっています。

新築後に外構すべてを施工するとなると、なかなか大変ですね。
限られたご予算の中でも、メンテナンスにかけられる時間に応じて各ゾーンへの予算配分を変えたり、住んだ後の使い勝手を考えて変更可能な砕石の仮舗装を取り入れるなど、アイディア次第で快適に暮らすことは可能です。
お見積り・ご相談は無料ですので、お気軽にお問合せ下さい。



〜3DCADによるプレゼンテーションとビフォーアフター〜

ご提案をできるだけわかりやすくお伝えするために、
CGを駆使した図面を使用しております
(↓クリックで拡大します)
プレゼンテーション
建物裏手の通路のパース。防草シートを入れた砕石敷きです。
Before|After


正面からのパース ビフォーアフター
Before|After


庭部分のパース ビフォーアフター
すべて、図面のとおりの仕上がりになりました!

ご来店いただければ、大きなモニターに3Dでイメージを投影し
360°動かしながら詳細なお打合せをさせていただきます。


ホーム » エクステリア・ガーデン・造園施工例 » エクステリア・ガーデン » 掛川市 K様邸 白壁の家に似合う天然芝の庭&優しいトーンのメンテナンスフリーのエクステリア