このページのトップへ
ホーム » エクステリア・ガーデン・造園施工例 » エクステリア・ガーデン » 掛川市 K様邸 和洋折衷 御簾垣の目隠しと、蹲踞のあるプライベートな和の空間と雑木の庭

掛川市 K様邸 和洋折衷 御簾垣の目隠しと、蹲踞のあるプライベートな和の空間と雑木の庭

ClipboardImage
掛川市 K様邸のリガーデン工事をご紹介いたします。
透かしブロックの入ったモダンなスタイルの塀の裏に、御簾垣で目隠しをした和の空間をお作りしました。


1ビフォー
▲施工前の様子
5施工中
▲施工中の様子(御簾垣の施工風景)
左の施工前のお写真は、上にある施工後のお写真とほとんど同じ場所を写したものです。施工後の風景が劇的に変っていますね。
今回は、お家の入り口、隅切り部分にあるこちらの塀を残しつつ、内側に御簾垣を設置して和風の坪庭を作ります。


DSC01089
手水鉢は竜安寺で有名な「知足の蹲踞」。「吾・唯・足・知(われ、ただ足るを知る)」と四方に書かれた文字。共通の漢字「口」の部分が水鉢になっています。

ClipboardImage
敷地内に設けた雑木の庭です。地面には苔を敷き詰め景石を配置して、ピンクのハナミズキや、シャラノキ、シラカシなどを植えました。やや苔むした石が自然な質感です。

DSC01487
雑木の庭の後ろには洋風の芝庭があります。和風の庭と洋風の庭の間にある雑木の庭は、空間を自然につなげる役割をしてくれています。
秋にはハナミズキやヤマボウシ、ドウダンツツジなどの紅葉が楽しめます。様々な植木を使い分けることで、和洋折衷なお庭が実現しました。




ホーム » エクステリア・ガーデン・造園施工例 » エクステリア・ガーデン » 掛川市 K様邸 和洋折衷 御簾垣の目隠しと、蹲踞のあるプライベートな和の空間と雑木の庭