このページのトップへ
ホーム » エクステリア・ガーデン・造園施工例 » 掛川市 S様邸 ブラックの外壁を引き立てる、シンプル&モダンなエクステリアと広々駐車場!

掛川市 S様邸 ブラックの外壁を引き立てる、シンプル&モダンなエクステリアと広々駐車場!

掛川市・S様邸の新築外構工事をご紹介いたします。
S様邸は黒の外壁にシックなチョコレート色の木をあしらったモダンな建築です。
住宅のイメージにマッチした、かつ使いやすい外構プランを考えました。


20190509_1914_12_0124w775_h581
施工前の状況です。南面道路から基礎に向かってレベルは上がっています。


50cmほどの段差を外構工事で解消し、使いやすくしていきます。


設けた土留めで駐車場所と庭部分の各ゾーンを区切ることで、それぞれ最大限の面積を確保。
アプローチ部分はスロープで玄関ポーチまで緩やかに登り、レベル差を解消しています。


駐車場と前庭を仕切る段差解消の土留めには、スクエア形がおしゃれでライトな印象のユニソンの化粧ブロック「シルマ」ブラウンを使用。
三協アルミの高さ1200个量敖乾侫Д鵐后屮轡礇肇譽M1型」を取り付けて、道路からの視線を遮ります。建物二階部分の木壁に色を合わせた、大人っぽいカラーのトラッドパインをチョイスしました。

広いスペースを確保した駐車場には、普通車3台がゆったり駐車できます。
グレーの飾りタイル、LIXIL「アレス」をところどころにあしらい、シンプルかつおしゃれにデザインしました。
土間コンクリート舗装は刷毛引き仕上げにし、伸縮目地のスリットはコストパフォーマンスの良い砕石を入れています。


おしゃれなアメリカンポストは、S様お手持ちのものを独立基礎で取り付けました。周囲のダークな色合いの中、ポストのボルドーカラーがよく映えてファサードのアイキャッチャーになっています。

アプローチのスロープは、滑りにくく安全な洗い出し舗装を採用しました。


玄関ポーチと駐車スペースとの間に設けたブラックのパーティションは、三協アルミ「エルファード」。
どちらも表面として使える両面タイプで、和のテイストを感じさせる縦格子がナチュラルな印象。道路やアプローチからの玄関ポーチへの視線をソフトに遮ります。


道路側の面には美濃クラフトのステンレス表札を取り付け、モダン・テイストをプラス。


道路からスロープに向かってアプローチする部分は駐車スペースも兼ね、水勾配を設けた駐車場部分とフラットに繋げています。
リズミカルに並んだスクエアの舗装は縁部分を表情の異なる仕上げにして、単調にならないようにデザインしました。

舗装の周囲には高耐久の防草シートを敷き、白い砕石でカバーしています。


デッキはメンテナンスフリーの人工木デッキ・三協アルミ「ひとと木2」。
カラーは明るい印象のローズウッドで、ちょこっと腰を掛けるのにちょうどよい、2間×3尺の縁台風サイズです。

前庭部分の造園は次期工事に。それまでのメンテナンスを軽減するために、防草シートと明るい白の砂利でカバーしておきます。


境界フェンスはコストパフォーマンスの高いメッシュフェンス、LIXILの「ハイグリッドUF8型」。こちらも外壁のブラックにカラーに合わせて統一感を出しています。
通路などはできるだけメンテナンスフリーにできるよう、他と同様に防草シートを敷き、白い砕石でカバーしました。 



〜3DCADによるプレゼンテーションとビフォーアフター〜

ご提案をできるだけわかりやすくお伝えするために、
CGを駆使した図面を使用しております
(↓クリックで拡大します)
正面から(CADによるCGパース)
Before|After


CADによるCGパース・ビフォー&アフター 敷地角から
Before|After


Before|After


玄関方向を道路側から見たパース。

すべて、図面のとおりの仕上がりになりました!
平面図
▲お打合せ時にご来店いただければ、大きなモニターに3Dでイメージを投影し360°動かしながら詳細なお打合せをさせていただきます。




ホーム » エクステリア・ガーデン・造園施工例 » 掛川市 S様邸 ブラックの外壁を引き立てる、シンプル&モダンなエクステリアと広々駐車場!